急なまとまった出費には不動産担保ローン

急にお金が必要になったら

生活していて、例えば何かトラブルにあってお金が必要になってしまった時は非常に困りますね。貯金で賄うことができれば問題ないのですけど、貯金もないような状態ですと借り入れするしかありません。 ここではお金を借りるとしたらどんな種類があるのかをご紹介します。

カードローンを利用する

CMでも頻繁に目にするカードローンでは気軽に借り入れしやすいというのが大きなメリットですね。カードを持つことができればいつでもATMで借り入れをすることが出来ます。
もちろん返済もATMで済むので、わざわざ窓口に行って手続きを取らなくていいという気軽さが便利ですね。最近ではコンビニでも利用できるようになっているためますます便利になっています。
ただし、カードローンは無担保融資になりますので、金利が高めであることがデメリットなのかもしれません。金利が高いということはそれだけ返済が負担となりますので、無計画に借り入れしないように注意が必要です。
なお、申し込みに関してはインターネットから出来るので、かなりハードルが下がりましたが、その分審査は厳しめかもしれません。ただ保証人の必要がないため、他人に迷惑をかけずに借り入れすることもないのは気が楽です。

担保付きのローンを利用する

物を担保にしてお金を借りると言えば質屋を思い出すかもしれません。質屋でもお金を借りることが出来ますが、金額はその物によって変動しますのであんまり大きな金額を借り入れ出来ないこともあります。
ただ担保にするものが土地や家などの高額な場合は話が変わってきます。このような不動産を担保にして借り入れすることを不動産担保ローンと言いますが、この場合は高額な不動産価値によって借り入れ限度額が決定するため、かなり高額な借り入れをすることが可能です。
また無担保よりも有担保の方が利率が低いというメリットもありますから、返済の負担が軽くなります。
もちろん不動産を持っていないと利用できませんが、不動産担保ローンの方が金利も低く審査もそれほど厳しくないため、有担保ローンならではのメリットを受けられます。

どんな会社で借り入れするのがいい?

例えば不動産担保ローンを利用するときに、どのような会社をチェックすればいいでしょうか。
まずはインターネットで会社と商品の内容をチェックしておきたいですね。信用度と安心感でいえば大手の会社の方が間違いありません。
あとは、金利や融資機関もチェックしておきたいところです。出来ればそのような情報がネット上でチェックできる方がリスクは小さくなります。
例えば不動産担保ローンでも有名なアイシンバンクでは、金融商品について詳しく紹介しているため安心感があります。

借りないでお金を工面する

お金を借りないで工面する方法としては、今あるものを買取してもらうというのが一番だと思います。買取で思いつくのは古本だと思いますが、自分の身の周りで現金になるようなものは他にもあります。

以外に見落としがちなのがカードなどのポイントです。カードポイントは電気量販店やクレジットカード、Tポイントカードなど様々なものがあります。でも実際に使いこなしている人は少なく、自分が今どのくらいポイントを持っているかも知らない人が多いのではないでしょうか。

あまり大したことないかと思いがちですが、ポイントをかき集めれば結構な額になることもあります。最近ではポイントの統合サイトなどがありますので、それを有効に使いましょう。
とはいっても、ポイントからどうやって現金にするの?って疑問に思わわれるかもしれません。ポイントから直接現金にできなくても商品券などに代えることができれば、それを買い取ってもらって原因になります。

お勧めはアマゾンギフト券

Amazonギフト券は通常の商品券と比べて認知度が小さいかもしれませんが、実は商品券よりも便利です。というのもAmazonギフト券は通販で購入できるものですから、ネット上で商品券として使えるからです。
ネット上で使えるということは、ネットを介して買取も可能となりますので、すぐにお金が欲しいときにはぴったりですね。そのような業者はたくさんありますので、こちらのアマゾンギフト券を買取してもらえる業者比較サイト等で買取率の高いサイトを選び、利用するのがお勧めです。